ニュースの概要

BBソフトサービス株式会社が2016年10月17日付で発表した「インターネット詐欺リポート」によると、プロ野球チーム「広島東洋カープ」のリーグ優勝記念グッズの販売を装う偽サイトを検知したという。

25年ぶりのリーグ優勝ということで、本拠地の広島だけでなく全国的な話題となっており、それに便乗して優勝記念の限定グッズを販売しているように装った偽サイトが発生。購入しても商品が届かないなどの被害の他にも、入力したメールアドレスやパスワード、住所、氏名、クレジットカード番号などの個人情報が盗まれ、成り済ましによる商品の不正購入や、個人情報を売買される危険性もあるという。

広島東洋カープは日本シリーズ進出も決まっており、その試合展開によっては同じような偽サイトがさらに増える可能性もあるため注意が必要となる。

考察

各メディアでも連日特集が組まれたりと報道される中で、それに便乗して偽の詐欺サイトが発生するのは悪質である。また、商品が届かないだけでなく、さらにその先の犯罪へと繋がるような危険性もあるため、素直に優勝を喜びたいファンには悲しいことだが注意が必要なようだ。

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?