ニュースの概要

東急ハンズは2016年9月30日、同社の運営する手作り作品の通販サイト「ハンズ・ギャラリーマーケット」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード番号や住所、電話番号などの個人情報861件が流出した可能性があると発表した。

今月9日にクレジットカード会社からの指摘で事態を把握し、外部に調査を依頼。流出した可能性があるのは、今年1月4日〜9月9日の間に商品を購入した顧客の情報861件で、クレジットカード情報も含まれていたのは529件。このうち十数件では、実際にカードが不正利用されたとみられ、被害額は分かっておらず、今後調べた上で被害届を出すという。

その後の対応

同社は事態を厳粛に受け止め、システムのセキュリティ 対策および監視体制の強化を行い、再発防止策を講じるとし、情報が流出した顧客には個別に連絡するとともに、カードを再発行する際の手数料を負担するという。現在はサイトの利用を停止しており、再開時期は未定となっている。

また、同社が運営する他の通販サイト「東急ハンズネットストア」・「アートメーター」についても調査を行い、同様の事案は発生していないことを確認している。

考察

最近ではこういった手作り作品の販売サイトが増えてきており、出品者と購入者のどちらからも手軽に利用でき便利だと人気が出てきているので、早急な対応と運営の再開を願いたいところだ。

関連リンク
東急ハンズによるお詫びとお知らせ

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?