ニュースの概要

公式マーケットの「Google Play」において、「Pokémon GO」の人気に便乗する不正アプリ「Guide for Pokémon Go」が発見された。同ゲームの関連アプリを装った不正アプリはこれまでにも確認されていたが、今回発見されたアプリは、セキュリティ対策製品の検知を回避する機能があるという。

利用者の端末上での別のアプリのインストールやアンインストールといった行動を監視し、アプリを起動した直後には不正活動を抑制し、数時間の潜伏期間を経た上でセキュリテイ検知される可能性が低いことを確認してから活動を開始。デバイスの詳細情報をC&Cサーバ-に送信し、応答のあった場合にのみマルウェアをインストールする等、慎重で悪質な活動が目立つという。

その後の対応

同アプリはマーケット上から既に削除されているが、今回の事例を報告しているカスペルスキー(Kaspersky Lab)が確認した時点では既に50万回以上ダウンロードされており、少なくとも6,000件の感染被害が発生していると考えられるという。

同社では、OSとアプリケーションのアップデートを常に最新状態に保ち、開発元が信頼できないアプリのインストールを避ける等の注意喚起を行っている。

関連リンク
カスペルスキー(Kaspersky Lab)による報告

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?