金融機関に継続的なサイバー攻撃-SWIFTが警告|サイバーセキュリティ.com

金融機関に継続的なサイバー攻撃-SWIFTが警告



ニュースの概要

国際銀行間通信協会(SWIFT)のシステムを使用して決済情報を扱う各金融機関は、悪意のあるサイバー攻撃に備えて、セキュリティー対策を強化する必要に迫られているという。

ロイターが入手した、同協会からの顧客に対した通知によると、2016年2月に起こった、SWIFTコードが盗まれて悪用され、バングラデシュ中央銀行から8,000万ドルを奪われるという事件から数ヶ月が経過しているが、一部の金融機関では、未だにかなりの数のセキュリティーに関する問題が残っているという。

この通知によって、新たなセキュリティー対策は施されているものの、銀行から資金を奪取する試行は続いており、一部の攻撃では成功していた事も明らかになっている。この攻撃は今後も継続的に続き、その手法はより巧妙なものになっていくと見られている。

その後の対応

SWIFTは、監査役や規制当局が、銀行の使用するSWIFTのセキュリティ対策が、同社システムを利用するのに十分な水準に達しているかを評価するために、より厳しいガイドラインを提供。金融機関へ継続する攻撃に対して警告するとともに、同社の顧客セキュリティープログラムによって行った対策について随時知らせていくという。

関連リンク
ロイターによる記事※英文

 


セキュリティ対策無料相談窓口


「セキュリティ対策といっても何から始めたら良いかわからない。」「セキュリティ対策を誰に相談できる人がいない。」等のお悩みのある方、下記よりご相談ください。

無料相談はこちら

SNSでもご購読できます。