ニュースの概要

国際銀行間通信協会(SWIFT)のシステムを使用して決済情報を扱う各金融機関は、悪意のあるサイバー攻撃に備えて、セキュリティー対策を強化する必要に迫られているという。

ロイターが入手した、同協会からの顧客に対した通知によると、2016年2月に起こった、SWIFTコードが盗まれて悪用され、バングラデシュ中央銀行から8,000万ドルを奪われるという事件から数ヶ月が経過しているが、一部の金融機関では、未だにかなりの数のセキュリティーに関する問題が残っているという。

この通知によって、新たなセキュリティー対策は施されているものの、銀行から資金を奪取する試行は続いており、一部の攻撃では成功していた事も明らかになっている。この攻撃は今後も継続的に続き、その手法はより巧妙なものになっていくと見られている。

その後の対応

SWIFTは、監査役や規制当局が、銀行の使用するSWIFTのセキュリティ対策が、同社システムを利用するのに十分な水準に達しているかを評価するために、より厳しいガイドラインを提供。金融機関へ継続する攻撃に対して警告するとともに、同社の顧客セキュリティープログラムによって行った対策について随時知らせていくという。

関連リンク
ロイターによる記事※英文

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?