ニュースの概要

Dropboxの利用者6,800万人分のメールアドレスとパスワードが流出していた事が、2016年8月1日までに明らかとなった。

情報が流出していたのは2012年の事で、同社では問題発生当初に一部利用者のメールIDの流出を公表していた。しかし、今回改めて確認された6,000万人分の情報は、2012年当時の全ユーザーの約3分の2に相当するとみらており、利用者の間からは発生当時の情報公開の内容に対して疑問の声も出ている。

流出したパスワードはコード化されているため、すぐに悪用されることはないが、知識のある者にとってはコード化の解析も可能であり、また流出したメールアドレスを使用して、スパムメールの送信等の発生が確認されたとの情報もあるため、混乱は今後も拡大する恐れもあるという。

その後の対応

Dropboxでは、この問題を受けて全ての利用者に対して経緯と謝罪をメール送信。現在も2012年当時のままのパスワードを使い続けている利用者には、速やかにパスワードを変更するよう求めている。

関連リンク
Dropbox公式ブログの該当記事 ※英文

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?