サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

6,800万人分のアカウント情報流出-Dropbox



ニュースの概要

Dropboxの利用者6,800万人分のメールアドレスとパスワードが流出していた事が、2016年8月1日までに明らかとなった。

情報が流出していたのは2012年の事で、同社では問題発生当初に一部利用者のメールIDの流出を公表していた。しかし、今回改めて確認された6,000万人分の情報は、2012年当時の全ユーザーの約3分の2に相当するとみらており、利用者の間からは発生当時の情報公開の内容に対して疑問の声も出ている。

流出したパスワードはコード化されているため、すぐに悪用されることはないが、知識のある者にとってはコード化の解析も可能であり、また流出したメールアドレスを使用して、スパムメールの送信等の発生が確認されたとの情報もあるため、混乱は今後も拡大する恐れもあるという。

その後の対応

Dropboxでは、この問題を受けて全ての利用者に対して経緯と謝罪をメール送信。現在も2012年当時のままのパスワードを使い続けている利用者には、速やかにパスワードを変更するよう求めている。

関連リンク
Dropbox公式ブログの該当記事 ※英文


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。