サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【レポート】第6回ウェビナー「進化する標的型攻撃、”今”行うべきメールセキュリティ対策とは」



2021年6月16日(水)に「進化する標的型攻撃、”今”行うべきメールセキュリティ対策とは」と題しまして、ウェビナーを開催いたしました。

ウェビナーの様子

開催概要

「メール」を用いたサイバー攻撃は年々進化しています。”標的型攻撃メールに気を付ける”という意識はありながらも、巧妙に仕掛けられた罠に気がつかず、重要な情報を抜き取られてしまう…といった事例は後を立ちません。

今回のウェビナーでは、メールセキュリティ製品・サービスを提供するベンダー各社にお集まりいただき、最新の攻撃事例や、”今”行うべきメールへのセキュリティ対策、メールセキュリティ対策を行う上での基本的なポイントについてお話を伺います。

登壇者情報

星野靖裕氏 / ファシリテーター

  • オフィスISMC代表
  • サイバーセキュリティ.comコラムニスト
  • 中央大学国際情報学部兼任講師
  • 金融機関にて、融資管理・情報システム開発に従事
  • 経営・現場双方の視点を備え、効果的なマネジメントシステムの構築を指導。人員一桁から数千人の一部上場企業まで幅広くコンサルティングを行う
  • 総合商社グループのIT部門のシステム監査責任者として、法務・ISMSの運用も経験

大森秀昭氏 / バラクーダネットワークスジャパン株式会社

  • バラクーダネットワークスジャパン株式会社セールスエンジニア
  • 2016年バラクーダネットワークスジャパン株式会社入社
  • SEとして、自社製品のセールスに従事
  • 日本市場へのメールセキュリティ製品を含むセキュリティ製品群の展開と、メールセキュリティやウェブセキュリティを中心とした啓蒙活動。

杉山吉寿氏 / クリアスウィフト株式会社

  • クリアスウィフト株式会社  ジャパン リージョナルディレクター
  • 2017年入社、金融機関を中心にEmail, Webフィルタリング製品の販売に携わる
  • 日系、外資SIer、メーカー、コンサルティングファームにてセキュリティ提案にも従事

ウェビナー詳細

開催日時 2021年6月16日(水) 13:00〜14:00
参加費 無料
定員 100名
受講方法 WEBセミナー
※申込いただいた方にのみ参加URLをお知らせいたします。
視聴後アンケート ウェビナー終了後、アンケートをお送りいたします。
※当該アンケートの回答の分析結果を公開する場合があります。個人が特定されるような情報は公開しません。
備考 講演内容は一部変更となる場合があります。
  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。