サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

パロアルトネットワークス|サイバーセキュリティの革新を目指しユーザーグループ「Fuel」の日本支部を発足

次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、本日、業界を超えたセキュリティ担当者間での、サイバー攻撃対策の知見共有を促進するために、グローバルコミュニティ「Fuel User Group」< https://japan.fuelusergroup.org/ >(以下、Fuel)の日本支部を発足したことを発表します。

Fuelは、パロアルトネットワークスがサポートする、グローバル規模のユーザー企業主導の非営利団体です。2014年の米国での設立以降、国や地域、業種毎に分かれた150の支部(現時点)があります。同団体は、重要な
インフラや情報を防御するための先進的な知識に関心のあるパロアルトネットワークスのユーザー企業で構成されています。

今回設立したFuel日本支部は、規模や業種を問わず、あらゆる日本の企業や組織が参加可能です。参加企業から1年任期の理事企業が選出され、理事企業からなる理事会を中心にさまざまな活動が行われます。

パロアルトネットワークスはFuel日本支部を支援し、ユーザー企業ととともに日本のサイバーセキュリティの革新を促進します。

Fuel 日本支部の主な活動

  • オンラインコミュニティの運営
    メンバー企業・組織は、サイバーセキュリティに関する情報交換が行えるオンラインコミュニティに参加いただけます
  • オフサイトのユーザーイベントの開催
    業界内の他企業や、セキュリティの専門家などとつながるオフサイトのユーザーイベントを定期的に企画します

Fuel 日本支部 理事会(敬称略)

  • 理事会会長:兼松株式会社
  • IT企画部部長:庭野 博之
  • 理事企業(11月15日時点)
    ・コニカミノルタ株式会社
    ・JFEスチール株式会社
    ・株式会社日立製作所
    ・株式会社リクルートテクノロジーズ
    ・パロアルトネットワークス株式会社(事務局担当)
  • 事務局:パロアルトネットワークス株式会社

Fuel 日本支部理事会発足式


写真左:Palo Alto Networks Inc., Chairman and CEO, Mark McLaughlin
写真右:パロアルトネットワークス株式会社 代表取締役会長兼社長 アリイ ヒロシ

Fuel 日本支部への参加方法

Fuel 日本支部は下記サイトよりお申込みいただけます。
< https://japan.fuelusergroup.org/page/japan/join >

参考情報

パロアルトネットワークスについて

米国に本社を持つパロアルトネットワークスは、サイバーセキュリティの時代をリードする次世代セキュリティ企業で、世界中の数万もの組織をサイバー攻撃から保護し、アプリケーションの安全な稼働を支援しています。
先進的なセキュリティプラットフォームは革新的なアプローチで構築されており、これまでの製品や個別製品より優れています。高度かつ独自のサイバー脅威防御機能で、日々の業務や企業の最も価値のある財産を保護します。

※Palo Alto Networksは米国と司法管轄権を持つ各国でのPalo Alto Networksの商標です。本書に記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、各所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ

お客様からのお問い合わせ先

パロアルトネットワークス株式会社
Tel:03-3511-4050  Email:infojapan@paloaltonetworks.com

報道関係者からのお問い合わせ先

パロアルトネットワークスPR事務局
株式会社アクティオ
Tel:03-5771-6426  Email:paloalto-pr@actioinc.jp

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。