IDS/IPS(不正アクセス検知・防御システム)ツールの徹底比較

この記事は約 6 分で読めます。


Wi-Fi環境を基にコンピュータやスマートホン等をワイヤレスに接続する事が当たり前の時代となった反面、実は大きな課題が存在している。

Wi-Fi環境を提供してくれる無線LANの脆弱性を経路として外部からのサイバー攻撃が当たり前のように行われてしまう点だ。

未知のサイバー攻撃を防ぐためには、不正アクセス検知・防御システムツールを通じて自社の機密情報や重要な顧客情報を未然に被害を防ぐ必要性がある。

不正アクセス検知・防御システムツールとは?

不正アクセス検知・防御システムツールは、大別すると以下の二つに分類する事が可能である。

  • IPS(Intsusion Prevention System)
    ウィルス攻撃等によって侵入を検知した後に、防御措置を取る事が出来る対策システム
  • IDS(Intsusion Detection System)
    不正アクセス等による侵入を検知するシステムで、何かしらのサイバー攻撃が生じた場合に問題を検出する事ができる対策システム

このような不正アクセス検知・防御システムツールを用いて自社のWebサイトや情報システムに対する安全性を高める事が可能だ。

おすすめIDS・IPSツール5選

Wi-FiセキュリティセンサーAIRTMS(レンジャーシステムズ株式会社)

IoT(モノのインターネット)が拡大していく現代において、スマートホンやタブレットPC、そしてノートパソコン等の便利なデバイスの業務利用の拡大に伴いながら、無線LANを導入する事でオフィスのワイヤレス化が進んでいる。

無線LANは便利な反面、セキュリティ対策を怠るとサイバー攻撃の対象にされてしまい、簡単に企業の機密情報や個人情報が盗まれる要因となる。

Webネットワークを繋ぐ経路となる無線LANの脆弱性を狙った攻撃は年々増加傾向ある一方で、適切な対策を講じていない企業も多いようだ。

レンジャーシステムズ株式会社のWi-Fiセキュリティセンサー「AIRTMS」は、無線LANによって生じる様々な脅威を的確に遮断することが可能だ。
無線LANを経路としたサイバー攻撃を防ぎたいと対策を立てているなら、まず最初に選んでおくべきセキュリティ企業だ。

WatchGuard(株式会社デジタルスフィア)

外部ネットワークをからのサイバー攻撃や不正アクセスを行われた時に、事前に何も対策をしていない場合、企業の機密情報などが筒抜けとなってしまう。
そのような状況下では、無線LANを通じた不正アクセスや自社の社員に支給しているスマートホンからの機密情報流出など発生要因は多岐に渡る。

株式会社デジタルスフィア 「WatchGuard」では、総合的に脅威を管理する事を念頭においたセキュリティサービスを展開しており、特にコストパフォーマンスに優れた優秀な製品をとして世界で60万台以上販売されている。

高性能かつ低価格でインターネットの脅威を内部からも外部からも遮断する事が可能な業界最大手のセキュリティガード機能を必要としているなら、この企業を選ぶべきだろう。

IntraGuardian2 +(ネットチャート株式会社)

自社のWebサイトやWebサービスを運用する場合、常に外部からのサイバー攻撃や不正アクセスと言った脅威に晒されてしまう。
企業の社内ネットワークを安全に運用するのですら、実は容易なことではなく確実にセキュリティ対策を講じなければならない。

ネットチャート株式会社 「IntraGuardian2 +」では、日本のチェーン店から官公庁に至るまで約2000社以上での採用実績を誇る。

特に不正アクセスによる機密情報の流出やマイナンバー制度にも対応している為に社内のネットワークを安心して運用可能だ。
企業が保有している機密情報や個人情報等を堅実に守りたいと考えているなら、良い選択だ。

L2Blocker(株式会社ソフトクリエイト)

企業の機密情報や個人情報が流出する時の大きな要因の一つとして、ヒューマンエラーがその筆頭として上げられる事がある。
特に最近では、人間の手によるミスによって外部の重要な情報が流出してしまう事が多く、それらの問題を解消する必要性が生まれた。

株式会社ソフトクリエイト 「L2Blocker」では、社内のネットワークへの事前に許可していない端末によるアクセスを検知し、遮断する事が可能だ。

自社で社員に手渡しているスマートホンや、社員の私物のスマートホンであっても未許可であれば端末ごとブロックする事で重要な情報に対する安全性を確保する。
多くの従業員を抱えている企業で、かつサイバーセキュリティの対策を検討しているなら、まず最初に検討すべき企業だ。

Check Point Security Appliances(株式会社アズジェンド)

現在では身の回りに存在している電子機器のどの脆弱性を狙ってサイバー攻撃を受けるのかを予測する事は難しい。
もし、最高レベルのIPS(Intsusion Prevention System)があるならば、不正アクセス等によって侵入を検知した後に、防御措置を取る事が可能だ。

株式会社アズジェント 「Check Point Security Appliances」では高阻止率を誇るIPS機能や、その他のサイバー攻撃にも広範に渡って対応する事が出来る総合的なセキュリティサービスを提供している。

様々なサイバー攻撃にも耐えうる事が可能なセキュリティを求めているならば、選ぶべきセキュリティ企業の一つと言える。

まとめ

近年サイバー攻撃を受けている企業の数は急増しており、それらの対策をどう講じるのかは専門家であってもチームを組み、時間をかけて対応する事が出来るほどに高度な問題となっている。
もし、自社のサイバーセキュリティを高めてたいと考えているなら、上記のIDS/IPS(不正アクセス検知・防御システム)ツールのセキュリティサービスを使用する事をお勧めする。

特にサイバーセキュリティに関する対応を検討しているなら、今回の説明からIDS(不正アクセス検知ツール)やIPS(不正アクセス検知ツール)等による自社のWebサイト等の安全性を高める事を講じると良いだろう。

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ