静岡県職員が個人情報入りUSBメモリ持ち出し紛失|サイバーセキュリティ.com

静岡県職員が個人情報入りUSBメモリ持ち出し紛失



静岡県は2024年5月9日、県生活排水課に所属する職員が下水道業務に関連する有識者10名の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

情報によると、職員は2024年5月2日、在宅業務を遂行するためにUSBメモリを自宅に持ち帰りました。ところが翌日の2024年5月3日、所在がわからなくなっていることが判明しました。

USBメモリには下水道業務に関連する有識者10名の氏名や住所が記録されていました。職員は移動経路のJRや警察に遺失を届出たものの、公表時点では発見に至っていないとのことです。事案を受け静岡県は、漏えいが懸念される有識者に事情を説明し謝罪しました。担当課の生活排水課は個人情報の持ち出しについて、データ送信システムの活用など、より安全性の高い方法を取るよう徹底するとしています。

参照静岡県職員が10人分の名前や住所など個人データが入ったUSBメモリを紛失


セキュリティ対策無料相談窓口


「セキュリティ対策といっても何から始めたら良いかわからない。」「セキュリティ対策を誰に相談できる人がいない。」等のお悩みのある方、下記よりご相談ください。

無料相談はこちら

SNSでもご購読できます。