日経子会社の契約サーバーが不正アクセス被害、266名のアドレス等流出の可能性|サイバーセキュリティ.com

日経子会社の契約サーバーが不正アクセス被害、266名のアドレス等流出の可能性



画像:日本経済新聞社より引用

日本経済新聞社は2022年12月23日、関連サービス「日経スマートクリップ」に利用しているサーバーが何者かの不正アクセスを受け、利用者266名のメールアドレスなどの個人情報が流出した可能性があると明らかにしました。

同社によると、攻撃の対象となったのは同社子会社が契約しているサーバーで、2022年12月14日に判明しました。同社が社内調査をしたところ、顧客企業の利用者のうち266名のメールアドレスや含まれていた氏名やユーザーIDについて流出のおそれが明らかになりました。

同社は現在、被害の内容や範囲の特定など、より詳細な調査を進めています。今後は関係機関と連携して対応にあたり、情報管理の徹底に努めるとしています。

参照「日経スマートクリップ」不正アクセス、情報流出の恐れ




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。