サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

リニカルが続報発表、採用応募者や株主・人事情報など流出の可能性



画像:株式会社リニカルより引用

株式会社リニカルは2021年12月6日、同社が運用する社内サーバーが外部からのサイバー攻撃により個人情報流出の可能性が生じていた問題について、日中韓台の採用応募者や株主情報等約96,000件、日欧中韓台の社員情報・人事情報約125,000件および臨床試験関連文章や営業データなどの流出可能性が判明したと明らかにしました。

リニカル社を巡る問題は、同社が2021年10月に被害事実を公表したことにより明らかになったものです。リニカル社はこれまで、サイバー攻撃により情報流出の可能性が生じ犯人から脅迫を受けるなどしていましたが、調査の過程で復旧したサーバー内のデータを確認したところ、流出可能性の高い情報の特定に至ったとしています。

同社は今回、最終調査の完了に先立ち流出可能性の高い対象者らに連絡を取っています。外部専門家の助言により、二次被害を防ぐことを最優先に判断したと説明しています。

犯行グループの要求に応じず

株式会社リニカルによると、同社は現在、不正アクセスを受けた社内サーバーの復旧に成功し、正常に業務を遂行しています。同社は被害発生後、外部のIT専門チーム等の助言を受け、セキュリティおよび個人情報保護の強化策を実施しているとのこと。

同社は攻撃に関わったと見られる犯行グループについて、同社側からコンタクトは取る予定はないと明言。さらに身代金の要求にも応じない考えを明らかにしました。なお、同社はサイバー保険に加入しています。

参照不正アクセスによる個⼈情報等流出の可能性に関するお知らせとお詫び/株式会社リニカル


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。