サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

リニカル、欧州子会社もサイバー攻撃被害か



画像:株式会社リニカルより引用

医薬品開発の株式会社リニカルは2021年10月27日、同社の欧州子会社に対して新たにサイバー攻撃が確認され、ハッカー集団「Ragnar Locker」より情報を人質にした身代金脅迫を受けていると明らかにしました。

リニカル社によると2021年10月21日、欧州子会社のネットワークに異常が検出されたことにより、日本やアジア・米国とのネットワークを停止する措置を講じました。その後、同社が事実関係を把握するためITセキュリティ調査会社に調査を依頼したところ、サイバー攻撃の痕跡は見つかったものの、情報の流出や破壊などの被害は確認されませんでした。

ところが、2021年10月25日になり、ロシア系ハッカー集団とされる「Ragnar Locker」よりリニカル社に対して、身代金の支払いを要求するメッセージが届きました。しかし同社は、外部の弁護士や警察・公的機関からのアドバイスを受け、身代金に応じない考えです。

サイバー攻撃受け再調査を検討

リニカル社は2021年10月5日にも、日本本社を対象にした何者かのサイバー攻撃を受けています。

同社はこれまで日本法人およびアジア・欧州サーバーからの情報流出を否定していましたが、新たに確認された欧州子会社へのサイバー攻撃を踏まえ、情報の流出や破壊について追加調査を検討する方針です。

なお、リニカル社は記事発表時点で今回の欧州企業へのサイバー攻撃との関連性について明言しておらず、調査中としています。

参照当社グループの欧州子会社に対するサイバー攻撃について/株式会社リニカル







書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。