タカラレーベンが誤送信、資料請求者176名のアドレス流出|サイバーセキュリティ.com

タカラレーベンが誤送信、資料請求者176名のアドレス流出



画像:株式会社タカラレーベンより引用

不動産デベロッパーの株式会社タカラレーベンは2021年9月28日、同社が分譲販売中の物件の案内メールについて誤送信が発生し、資料請求者176名のメールアドレスを誤表示する事態が起きたと明らかにしました。

タカラレーベンによると2021年9月27日、同社が分譲販売中の「ネベル横浜」にて展開中の販売キャンペーンを知らせるため、同物件の資料請求者に向け外部メールを発信しました。

その際、タカラレーベンでは送信先のアドレスを隠すために「個別送信」設定にするよう定めていましたが、担当者が設定変更を失念し、同社が指定した送信先でお互いのアドレスが表示されるよう送信するミスが発生。同社は当初ミスに気付いていませんでしたが、メールを受信した請求者からメールアドレスの流出について指摘が入り、明らかになりました。

事案を周知し再発防止へ

株式会社タカラレーベンは誤送信の発生に伴い、事案を全営業社員への周知するとしています。

また、今後はメールの一斉送信時のフローを見直し、責任者によるチェックと管理体制を徹底すると説明。さらに個人情報に関する勉強会を実施し、再発を防止するとしました。

参照メールアドレス流出についてのお詫び/株式会社タカラレーベン




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。