サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

東京ビッグサイトが委託先の新型コロナ感染者情報を誤送信



画像:株式会社東京ビッグサイトより引用

東京国際展示場(東京ビッグサイト)の運営会社である株式会社東京ビッグサイトは2021年9月10日、同社のビル管理委託先事業者から受信した従業員の新コロ感染情報を転送する際に誤送信が発生し、第三者となる外部企業に流出したと明らかにしました。

東京ビッグサイトによると2021年9月7日、ビル管理委託先から所属従業員が新型コロナウイルスに感染した旨の報告を電子メールで受け取りました。メールを受信した担当者は情報共有のため課内2名に転送しようとしましたが、誤って同社従業員と同性の外部企業関係先に転送するミスを起こしたとのこと。

その後、同社が運用するシステムから通知が入り、転送メールにミスがあると判明。同社は誤送信先に連絡しメールの削除を依頼したほか、委託先に謝罪しました。

メール送信時の注意喚起機能など強化

東京ビッグサイト株式会社は今後の対処として、メール送信時の注意喚起機能を強化するなど、システム面から再発を防止するとしています。

また、同社はコンプライアンス委員会を開催し事案を周知するほか、社内研修やマニュアルの再徹底などの意識啓発を推進するとのことです。

参照メール誤送信による受託事業者従業員の個人情報流出について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。