サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

メルマガ誤送信で検定受験者らの氏名や合否情報流出、CERSI



画像:一般社団法人企業環境リスク解決機構より引用

産業廃棄物適正管理能力検定などを実施する一般社団法人企業環境リスク解決機構(CERSI)は2021年6月11日、機構が発信した電子メールに本来非公開とすべき個人情報を添付し送信する事態が発生し、機構が主催する検定やセミナー参加者ら1,976名の情報が外部流出したと明らかにしました。

発表によると機構は2021年6月10日、過去機構のセミナーなどに参加したことのある1,976名に向けて、メール配信システムによるメールマガジンを配信しました。ところが担当者が配信システムの操作時、配信先のボタンと添付ファイルの選択ボタンを誤認して入力する事態が発生。

これにより、配信先として指定された1,976名の参加者らに向け、参加者らの氏名やメールアドレス・合否情報などの個人情報をまとめたファイルが流出。その後、配信先となった参加者の一部から指摘を受け、流出が判明したと説明しています。

配信システムの設定ミス指摘、管理体制強化へ

企業環境リスク解決機構は今回の誤送信を受け、誤送信先の参加者らに謝罪し、誤送信メールの削除を依頼しています。

また、流出の原因として、メール配信システムの設定ミスを指摘。外部メール発信時には流出リスクが付きまとうにも関わらず、配信担当者のみの操作で送信できるよう設定していた管理体制に問題があるとして、見直す考えを明らかにしています。

なお、機構は一連の再発防止策が実施されるまでの間、メールマガジンの配信を停止するとしています。

参照メール誤送信による個人情報の流出に関するお詫びとご報告


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。