サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

大阪府でコロナ陽性者の情報流出、テストメール送信するもミス発生



画像:大阪府より引用

大阪府は2021年5月21日、府の守口保健所が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た市民1名に向けたメールについて誤送信が発生し、対象の市民の住居情報などが外部流出したと明らかにしました。

発表によると、府では検査で陽性反応が出た市民のうち、宿泊療養が必要と認められる市民Aに対して、対象施設を紹介する電子メールを発信していました。また、府では誤送信を防止するため、事前に個人情報を伏せた形でのテストメールを送信し、市民Aからフルネームでの返信を受けていました。

ところが、誤送信を起こした職員は宿泊施設の案内メールを送信する際、市民Aの搬送情報を入力したまま、同性の別の市民Bのメールアドレスを転写し送信。これにより市民Aの情報が市民Bに流出する形となり、誤送信が判明しました。

マニュアルやダブルチェックが徹底されず

大阪府は誤送信の原因について、マニュアルが徹底されていなかったこと、ダブルチェックの欠如という、2つのミスを指摘しています。

府によると、府のマニュアルでは外部のメールアドレスを検索する際、送信先を誤らないようフルネームで検索するよう求めていました。ところが職員は検索条件を誤り市民Aを見つけることができなかったため、姓のみを条件指定して検索していたとのこと。また、部署においてメールを発信する前のダブルチェックが徹底されておらず、ミスが見過ごされたことにより、流出が発生したとしています。

大阪府はこのため、市民Aに謝罪。市民Bには誤送信メールの削除を依頼しました。

参照個人情報の記載されたメールの誤送信について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。