アプリ設定ミスで別人の個人情報が表示される、岡山放送|サイバーセキュリティ.com

アプリ設定ミスで別人の個人情報が表示される、岡山放送



画像:岡山放送株式会社より引用

岡山放送株式会社は2021年5月7日、同社が番組視聴者向けに提供しているOHKアプリを通じて、情報番組のプレゼントに応募したユーザーの個人情報が、別の応募者に表示される事象が発生したと明らかにしました。

岡山放送によると、原因はアプリの設定変更時に発生した、設定ミスによるものです。

同社は2021年5月7日、番組中にプレゼント応募の受付をしていましたが、アプリを通じて多くのアクセスが集中。同社はこれに対応すべく、外部のアクセス負荷分散サービスを利用するためにアプリの設定を変更しましたが、その際に個人情報の誤表示に繋がるミスが発生したとしています。

51名、7項目が外部閲覧の可能性

岡山放送株式会社によると、設定ミスによる情報流出は2021年5月7日の15時ごろより発生していましたが、応募者の一部から「別人の個人情報が表示される」と指摘が入り、約1時間後に修正対応を取りました。

発表によると、期間中に誤表示による流出があったと見られるユーザーは、最大51名で、氏名や住所、電話番号など合計7項目について外部閲覧の可能性が生じているとのこと。

なお、同社は今後、情報管理体制の強化を通じて、再発防止に努めるとしています。

参照視聴者応募データの誤表示について




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。