サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ANA会員情報100万件流出、スイスSITA社への不正アクセスが影響

  • LINEで送る


画像:ANA SKY WEB/全日本空輸株式会社より引用

全日本空輸株式会社(ANA)は2021年3月6日、同社が提供する「ANAマイレージクラブ」のプレミアムメンバー会員情報約100万件について、情報流出が確認されたと明らかにしました。

情報流出の原因は、スイスのSITA社が提供している、世界の航空会社が顧客情報を共有しているデータベースについて、不正アクセスが発生したことによるもの。

ANAは会員情報の一部(アルファベット表記の氏名、会員番号、会員ステータス)を共有しており、対象情報について不正アクセス被害が発生。一方でクレジットカード情報やパスポート情報および住所などの情報は共有しておらず、またANAのシステムにも影響はないことから、これらの情報流出はないとしています。

SITA社は不正アクセスへの対応済

ANAによると、記事発表時点でSITA社は不正アクセスへの対策を終えています。また、不正アクセスにより流出した情報の悪用も確認されておらず、具体的な被害は確認されていない状況です。

しかしながら、今後流出情報が悪用される可能性もあることから、ANAは今後の対応として、対象会員に電子メールで注意喚起を促す方針です。また、パスワードの変更を希望するユーザーに対しては、案内を提供している状況です。

参照SITA社システムへの不正アクセスによるANAマイレージクラブ会員情報の漏洩について/全日本空輸株式会社





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。