伯東株式会社が不正アクセス被害、情報流出など調査中|サイバーセキュリティ.com

伯東株式会社が不正アクセス被害、情報流出など調査中



画像:伯東株式会社より引用

電子機器部品などを扱う伯東株式会社は2021年2月12日、同社のサーバーが外部からの不正アクセスを受けたと明らかにしました。

発表によると同社は2021年2月8日、サーバーへの不審なアクセスを検出したため、該当の通信を遮断する措置を実施。

更に原因を調べるために、調査を進めているとしています。

詳細は調査中

不正アクセスの発生は、企業に様々な被害の懸念を生じさせます。

同社においても顧客情報の流出や内部データの不正閲覧も懸念して調査を進めているとのことですが、全容を明らかにするには時間がかかるとしています。

なお、同社によると記事発表時点で、日常業務への影響は出ていないとのこと。今後の調査結果が待たれる状況です。

参照当社サーバーへの不正アクセスに関するお知らせ




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。