サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

職員の操作ミスで教職員や学生の情報1,725件流出か|北陸先端科学技術大学院大学



画像:北陸先端科学技術大学院大学より引用

北陸先端科学技術大学院大学は2021年1月29日、同学の学生や教職員など構成員の情報を記録したファイルが外部サイトにアップロードされ、氏名やメールアドレスなど1,725件の個人情報が流出したと明らかにしました。

流出の原因は同学職員による、端末の操作ミスです。発表によると、同大学にはダウンロードしたファイルを外部のウイルスチェックサイトに自動アップロードする端末を導入していましたが、問題の職員がこの機能を有した端末を使用して、個人情報が記録された資料ファイルをダウンロードしたとのこと。

これにより、ダウンロードした資料ファイルが外部サイトにアップロードされ、サイト管理者や契約者であるセキュリティベンダーなどが、個人情報を自由に閲覧できる状況にあったとしています。

外部サイトに資料の削除を要請

北陸先端科学技術大学院大学によると、2021年1月15日に流出を把握しています。

同大学はその後、自動アップロードされた外部サイトに、資料ファイルの削除を要請しており、2021年1月16日に削除を確認したとのこと。流出による業務や学外への影響は確認されていないとしています。

なお、問題の操作ミスが起きたのは、2020年11月20日であるため、約2ヶ月間に渡り流出状態にあったものと見られます。

参照外部サイトへの本学構成員に関する個人情報の流出について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。