サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

東京都教諭が入試選抜者4,697名のデータを無断複製、紛失し発覚

  • LINEで送る

画像:東京都教育委員会より引用

東京都は2020年11月19日、都立鷲宮高等学校に所属する主任教諭が所有していた外部記憶媒体を紛失し、内部に記録されていた生徒らの個人情報4,697名分について流出した可能性があると明らかにしました。

発表によれば、紛失にかかわった教諭は2014年〜2020年にかけて、鷲宮高校および自身が所属していた前任校の入試応募者ら氏名や所属中学校および成績等のデータを私的に記録していたとのこと。データは各校ごとに別の媒体に記録されていましたが、記事発表時点で、いずれも見つかっていない状態です。

東京都は、これらのデータは本来、校内で所定の媒体に記録し、鍵つきの保管庫にて保存されるべきデータであるとしています。このことから、同校は被害者らに経緯を明かし、謝罪対応をとりました。

データ管理端末の設定変更で持ち出しか

発表によると、紛失に関わった主任教諭は入試選抜業務に関わっており、業務上の理由からデータを持ち出したものと見られています。

同校および前任校では、入試に関わるデータは外部記憶媒体の使用ができない設定の校内端末に記録されていました。しかし主任教諭はこの端末の設定を変更し外部記憶媒体を使用可能にした上で、データを複写していたとのこと。

主任教諭は2020年10月25日まで、複写した媒体を自身が使用するデスクの引き出しに保管していましたが同日、紛失が発覚。捜索したものの発見に至らなかったため、前任校で使用していた媒体と合わせ、同校および前任校に紛失を報告したとしています。(前任校で使用していたデータは前任校に置いてきたと供述しているが、前任校でも発見に至っていない)

参照都立高等学校における個人情報に関わる事故について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。