サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

誤送信で顧客アドレスなど10件を930の宛先に流出│ルクールプラス

  • LINEで送る

画像:株式会社ルクールプラスより引用

コンサルティング事業などを手掛ける株式会社ルクールプラスは2020年10月19日、同社従業員の人為的ミスによるメール誤送信が発生し、同社と取引関係にある顧客の氏名やメールアドレス10件を流出させたと明らかにしました。

ルクールプラスによると、誤送信を起こした担当者は2020年10月14日、業務上の必要から10名の顧客に向けて電子メールを送信。ところが、同従業員がメール作成の手間を省く意味から前回送信時のデータをテンプレートを使用したため、テンプレートに記載されていた930名のアドレスにもBCC形式で送信する形になったとしています。

なお、誤送信は2020年10月14日にメールを受信した一部の顧客から指摘が入り発覚。同社は被害企業らに謝罪対応を進めました。

誤送信防止ルールの強化も

ルクールプラス社は誤送信の原因を人為的なものと位置づけ、再発防止策として、誤送信防止ルールの強化を決定しています。

ルクールプラスによると、同社では外部メールを送信する際、送信ボタンを押してから2分後に送信される誤送信防止ルールを定めていました。ところが、今回の事案で流出が発生してしまったため、今後は同ルールを5分以上に設定を変更するなど、強化を決定。

人為的なミスを抑え、流出を食い止める考えを明らかにしました。

参照【重要なお知らせ】メール誤送信による個人情報漏洩について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。