サイバー攻撃によるシステム障害で一部拠点が稼働停止に|ホンダ

自動車のホンダは2020年6月9日、同社が運用する内部サーバーに対するサイバー攻撃が発生し、複数の海外拠点の社内システムに影響が出たと明らかにしました。

ホンダによると2020年6月8日、社内ネットワークにおいて不具合が確認され、北米やトルコ、インドの工場で稼働停止となる事象が発生。また、国内拠点では生産した四輪・二輪車の「完成品検査システム」にも障害が発生したほか、複数の従業員が使用するPC端末がウイルスに感染した事実も判明し、メールのやり取りなど社内ネットワークにも影響が出たと明かしました。

同社によると、原因はネットワークに侵入した攻撃者が拡散したと思われるマルウェアです。事象発生後に実施した調査により、外部から侵入した攻撃者が社内ネットワークを通じてウイルスを拡散させた痕跡が確認され、これらが生産システムに影響を及ぼしたものと見られます。

現在も4拠点で停止中

ホンダ側は記事発表時点で、セキュリティ上の懸念から、サイバー攻撃の手口や詳しい経緯を明らかにしていません。ただし、同社は既に復旧に向けて着手しており、生産システムに不具合が生じた3か国11拠点のうち、7拠点については操業再開を明かしました。

残りの4拠点については、記事発表時点で再開のめどが立っていませんが、公表時点では生産や販売などへの影響はなく、個人情報の流出も確認されていないとのことです。

参照ホンダ、サイバー攻撃でシステム障害 海外4工場が稼働停止/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?