サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ドメイン登録サービスへのサイバー攻撃、一部顧客情報流出の可能性|コインチェック

  • LINEで送る

画像:当社利用のドメイン登録サービスにおける不正アクセスについて(第一報)/コインチェックより

コインチェック株式会社は2020年6月2日、同社が利用するドメイン登録サービスのアカウントが何者かの不正アクセスを受けた結果、一部顧客情報約200件について、流出の可能性が生じたと明らかにしました。

コインチェック社によると、同社はドメイン取得サービス「お名前.com」でアカウントを取得していましたが2020年5月31日~2020年6月1日にかけて、「お名前.com」に登録されている同社のアカウントにサイバー攻撃の疑いが浮上しました。これを把握した同社が調査を進めたところ、攻撃は同社のアカウントIDを取得し、「お名前.com navi」の通信内容を改ざんする不具合を利用した高度な手口でログインし、コインチェックが登録しているメールアドレスなどを変更した事実が判明しました。

同社はインシデントの影響として、アカウント内に記録されている顧客からのメールを盗み見れる状態にあったことから、情報流出の可能性があるとしています。

被害懸念される対象者には個別連絡

コインチェック社によると、同社はインシデント発生後の2020年6月1日時点でドメイン登録情報の修正を実施しています。

同社アカウントへの不正ログインにより一部顧客の情報流出が懸念されている状況ですが、顧客資産への影響などは記事発表時点で確認されていないと説明。ただし、安全上の理由から暗号資産の送金を再度停止する措置を講じる方針を明らかにしています。

今後の対策としてはドメイン登録サービス運営元にも調査を依頼し、対応を進めていくとのこと。記事発表時点では、不正アクセスは「お名前.com」に対するものですが、攻撃はコインチェックを標的にしたものと見られており、「お名前.com」が提供する他の利用者については、被害が確認されていないと判明しています。

なお、コインチェックによれば、今回の事案で流出した可能性のある情報は次の通りです。

  • 名前
  • 登録住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • IDセルフィー

参照当社利用のドメイン登録サービスにおける不正アクセスについて(第一報)/コインチェック

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。