緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリストを公開|JNSA

画像:「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」を公開しました。/日本ネットワークセキュリティ協会より

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は2020年5月19日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除後を想定した、企業におけるセキュリティチェックリストを公開しました。

新型ウイルスの蔓延に伴い、国内企業の多くはオフィスーワークを中心に、テレワークへの切り替えが進みました。今後は緊急事態宣言の解除に伴い、再びオフィスワークへと戻るものと見られますが、オフィスと比べセキュリティ対策の甘い個人用端末を介したデータがマルウェア感染などにより、社内システムに悪影響を与えかねないという懸念が生じています。協会が今回発表したチェックリストは、こうした事案を未然に防ぐための内容です。

セキュリティチェックリストの内容は?

公開されたチェックリストは、大きく分けて4つの区分に分類されています。

  1. 停止したシステムの再稼働における注意事項
  2. テレワークで社外に持ち出した機器を社内NWに接続する際の注意事項
  3. 緊急措置としてテレワークを許可した業務やルールを変更した業務の扱い
  4. Withコロナフェーズに向けた、業務見直しとセキュリティ対策

1は新型コロナウイルスにより長期停止したシステムを利用する際、脆弱性を防ぐためにOSやソフトウェアの更新を進めるなどの項目です。2はテレワーク期間中に持ち出されたUSBメモリやSSD、PC端末などに対する項目で、マルウェアの感染や脆弱性をチェックする項目。

3は個人情報の運用ルールで、テレワークに対応するために緊急的に変更していなものについて、リスクの高低により再評価を促す内容です。最後の4は、新型ウイルスの第二波に備え、テレワーク中に業務が集中した業務やサービスの情報整理などを広範に規定したリストです。

参照「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」を公開しました。/日本ネットワークセキュリティ協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?