サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

公的機関や企業の偽サイト多数確認、NISCが注意喚起

  • LINEで送る

画像:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)より

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2020年5月13日、自身が運営する公式Twitterにて、日本の公的機関や企業などのホームページに似せた、偽のウェブサイトが多数確認されていると明らかにしました。

NISCによれば、問題の偽サイトの多くは海外のドメイン名が使用されているため、URL構成を確認することにより判別が可能とのこと。いっぽうで、偽サイトの中には正規のホームページと区別がつかないほど精巧なものも存在し、URLやドメイン以外で区別が困難なケースもあると注意を呼び掛けています。

URLに注意するよう呼びかけ

NISCは一連の偽サイト問題を受け、一般ユーザーに向け、ツイッターで注意を呼び掛けている状況です。具体的には、SNSや電子メールに添付されたURLリンクを踏むなど、普段と違う方法でアクセスするときは、アドレス欄などをよく確認するなどの対策を実施すべきとツイート。

さらには、見慣れないドメインが使用されている場合において、検索エンジンによるアクセスなど別の方法でサイトを確認するようツイートし、安易にアクセスしないよう呼び掛けています。

参照内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。