サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サイバー防御演習「CYDER」の一部教材を期間限定で一般公開|NICT

  • LINEで送る

画像:実践的サイバー防御演習「CYDER」の教材を期間限定で一般公開/国立研究開発法人情報通信研究機構より

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のナショナルサイバートレンニングセンターは2020年5月、実践的サイバー防御演習「CYDER(CYber Defense Exercise with Recurrence)」について、期間限定で演習教材の一般公開を実施すると発表しました。

NICTによれば、今回の一般公開は「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の発出」を受けての決定とのこと。現在、新型ウイルスの影響でテレワークやビデオ会議など通常と異なる形態で業務を進める企業が急増していますが、サイバー犯罪の脅威は変わらず継続していることから、学習機会の提供を決めたとしています。

「CYDER」はサイバー防御に必要な、実践的な知識が得られるプログラムです。NICTは一般公開により「セキュリティインシデントが発生した際の対応手順や事前の備え等について学ぶことができる」と期待感を寄せています。

一般公開向けに再構成した教材を公開

CYDERは、長年蓄積されたサイバーセキュリティに対する知見から作られた教材による「事前学習(オンライン)」と、政府が用意した大規模サーバー群で実際にサイバー攻撃を発生させ、これに対する防御施策を体験する「集合演習」に分類される学習プログラムの総称です。

NICTによれば、今回公開されるのは過去の演習シナリオによる教材です。CYDERが保有する大規模演習環境による演習は対象外となりますが、教材は一般公開用に課題単位で再構成されています。入手方法は公式サイトへのアクセス後、メールアドレスなどを入力しダウンロードするだけ。提供は2020年5月12日からスタートし、当面の間は継続する見通しです。

参照実践的サイバー防御演習「CYDER」の教材を期間限定で一般公開/国立研究開発法人情報通信研究機構

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。