サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

アクセスキー不正利用で1,027ユーザーの情報が不正閲覧被害|サイバーエージェント

  • LINEで送る

画像:Ameba広告配信管理画面への不正アクセスについて/サイバーエージェントより

サイバーエージェントは2020年4月7日、同社がAWS上で管理するシステムの広告配信管理画面に対して外部からのサイバー攻撃が発生し、Ameba Infeed及びAmebaDSPのユーザー約1,000件に流出の可能性があると明らかにしました。

同社によれば、攻撃者は2020年4月4日~2020年4月5日にかけて、同社がAWS上で管理するシステムで使用する、アクセスキーやシークレットを不正利用した痕跡があるとのこと。これにより内部に保存されていたデータに対して、外部からアクセスできる環境が整ってしまい、流出の可能性があるとしています。

1,027ユーザーに影響の可能性

同社によれば、インシデントの被害規模は合計1,027ユーザーで、氏名やメールアドレスのほか、Ameba Infeed及びAmebaDSPで使用していたユーザー名やパスワードのハッシュ値なども流出した可能性が疑われています。

これを受けた同社は、現在の設定をすべて見直し、不正登録されたアクセス制御情報を復旧させるなど、セキュリティ問題への対処を終えたと発表。合わせて、今後の再発防止策として、不正利用されたアクセスキーを失効させ、権限の変更も実施する考えを明らかにしています。

参照Ameba広告配信管理画面への不正アクセスについて/サイバーエージェント

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。