サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「マスク入荷」新型コロナ便乗し不正サイトへ誘導、トレンドマイクロが注意喚起

  • LINEで送る

大手セキュリティ企業のトレンドマイクロジャパン株式会社は2020年3月、日本国内において新型コロナウイルスに便乗した形の不審なドメインを持つフィッシングサイトの増加について、警告を発しました。

同社によると、問題のサイトは新型ウイルスの影響で需要が高まる、マスクなどの衛生用品を販売を装う類のもの。攻撃者は大手通販会社や通販会社によく似た名称やメールアドレスを偽装し、フィッシングメールやSMSを送信してターゲットを自分のサイトに誘導し、クレジットカード情報などを盗み取っている疑いがあるとしています。

このようなサイバー攻撃は従来、ソーシャルエンジニアリングと呼ばれてきました。手口自体は旧来からあるものですが、ほかに「新型コロナ補助金給付」などの文言で給付金を偽装するもの確認され、今後多様な手口が登場する可能性も指摘されています。

海外でも便乗サイバー攻撃が急増

新型ウイルスに便乗したサイバー攻撃は、日本国内だけではありません。

トレンドマイクロ社によれば、日本ではマスク販売など装う偽サイトが増加するいっぽうで、欧州や北米エリアなどの海外では、WHO(世界保健機関)などによる公式情報を装ったフィッシングメールが確認されているとのこと。同社はほかに、日本企業を装ったものや、新型ワクチンなどのキーワードで誘引するものがあるとのこと。

同様の犯罪は騒動の終息まで続くと見られ、各人による注意が求められています。

参照日本と海外の新型コロナウイルス便乗事例/トレンドマイクロ

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。