コインチェックの流出通貨を不正取引か、警視庁が医師ら2名逮捕

警視庁サイバー犯罪対策課は2020年3月11日、コインチェック社から流出した通貨と知りながら、別の仮想通貨と交換した疑いで、大阪市に住む30代会社員および北海道に住む30代医師を、組織犯罪処罰法違反の容疑で逮捕したと明らかにしました。

情報によると男性ら2名は2018年2月頃、流出にかかわったと見られる人物から仮想通貨「ネム」の交換を持ち掛けられ、20数億円相当のネムを不正入手した疑いがあるとのこと。男性らはその後、通貨を別のコインに交換し、利益を得ていたと見られます。

犯人は引き続き捜索方針

2018年初頭に起きたコインチェック社の流出事件は、外部からの不正アクセスにより、コインチェックが保有する仮想通貨「ネム」の約580億円相当が不正に持ち出された事件です。

警視庁は事件発生後、総勢100人態勢の規模で捜査を進め続けており、2019年11月には、今回逮捕された2人を含む、数名の自宅を家宅捜索していました。流出にかかわった攻撃者らは未だ逮捕されていませんが、警視庁は今後も捜査を継続するとしています。

参照流出の仮想通貨「ネム」を不正に交換 容疑の男2人を逮捕/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?