脆弱性狙うサイバー攻撃によりカード情報623件流出か|タピオカエキスプレス|サイバーセキュリティ.com

脆弱性狙うサイバー攻撃によりカード情報623件流出か|タピオカエキスプレス



画像:弊社が運営する「タピオカエキスプレス」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/より

株式会社タピオカエキスプレスは2020年3月4日、同社が運営する通販サイト「タピオカエキスプレス」が外部からの不正アクセスを受け、同社通販サイトを利用した顧客のクレジットカード情報623件が流出した可能性があると明らかにしました。

2019年10月31日、クレジットカードより同社サイト利用者のクレジットカード情報流出懸念の通知を受け、インシデント発生の可能性が浮上。第三者調査機関を通じて調査を実施したところ、システム脆弱性を利用した不正アクセスにより、ペイメントアプリーケーションの改ざんが判明したため、2019年9月17日~2019年10月21日の期間にクレジットカード情報が流出した可能性があると説明しています。

新サイトでは流出確認されず

株式会社タピオカエキスプレスはインシデント発生期間中、新サイト「タピオカ卸専門店タピオカエキスプレス」への移転作業を進めていました。同社はこの影響から2019年10月21日時点で通販サイト「タピオカエキスプレス」のカード決済機能を停止していたため、インシデント発覚前に流出が抑制された形です。

なお、新サイト「タピオカ卸専門店タピオカエキスプレス」について、情報流出を否定しています。同社によると、調査により不正アクセスが確認されたのは「タピオカエキスプレス」であり、新サイト「タピオカ卸専門店タピオカエキスプレス」については流出が確認されなかったと説明しています。

今回のインシデントによる被害は、次の通りです。

対象者 期間中に「タピオカエキスプレス」において決済したユーザー
期間 2019年9月17日~2019年10月21日
件数 623件
内訳 ・カード名義人名
・クレジットカード番号
・セキュリティコード
・有効期限
・決済トークン

参照弊社が運営する「タピオカエキスプレス」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社タピオカエキスプレス




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。