サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

LINEアカウントで不正ログインが発生、被害件数4,000件以上か│LINE株式会社

  • LINEで送る

画像:LINEへの不正ログインに対する注意喚起/LINE株式会社より

LINE株式会社は2020年2月26日、同社が提供するSNSサービス「LINE」の日本ユーザーについて、短期間で4,000件以上の不正ログイン行為が確認されたと発表しました。

同社によると、攻撃者はアカウントを乗っ取ったのち、本人になりすまして商品購買やアカウントの窃取を目的としたURLを、メッセージやタイムラインに投稿。これにより被害は急速に拡大し、多くの被害が生じていると注意喚起を行っています。

攻撃の種類は2パターン

LINE株式会社によると、攻撃者は奪ったアカウントを利用しメッセージやタイムライン投稿機能を利用するだけのタイプ(本人はそのまま利用できる)と、フィッシング詐欺を通じてLINEアカウントのパスワードやSMSコードを奪い取り、を恒久的に乗っ取る2パターンが確認されています。

LINE株式会社が発表した4,000件超の被害事例は前者パターンのみの数値で、アカウント乗っ取りの被害件数については不明とのこと。同社は悪用が確認されたサービスに対する技術的な対策を進めると同時に、被害者らにパスワードの変更などの対策を呼び掛けています。

参照LINEへの不正ログインに対する注意喚起/LINE株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。