メール誤送信で受験生ら200名のアドレス流出、1月にも同様のミス|琉球大学|サイバーセキュリティ.com

メール誤送信で受験生ら200名のアドレス流出、1月にも同様のミス|琉球大学



画像:メール誤送信による個人情報漏洩について/琉球大学より

琉球大学は2020年2月25日、同大学職員が受験者らに向けたメールを誤送信し、受験生200名分のメールアドレスが外部流出したと明らかにしました。

大学の説明によると、問題のメールは2020年2月13日、令和2年度入学選抜試験(前期日程)教育学部の受験者に宛てたもの。同大学では外部一斉メールを送信する際、「Bcc」形式で送信しアドレスを隠すよう求めていましたが、職員は操作を誤り「To」形式でメールを送信。これにより同報者間でメールアドレスが表示されてしまい、流出が確定したと説明しています。

受験生らにメール削除を要請

琉球大学はインシデント発生後、誤送信対象となった受験生らに謝罪の連絡を実施。問題のメールの削除を要請しています。

また、同大学は再発防止策として、今後はメール送信時の確認を徹底すると発表。具体的な施策は明らかにされていませんが、今後は管理体制を強化するものと見られます。しかし、琉球大学は2020年1月16日にも同様の誤送信を起こしており、セキュリティ体制の整備が求められます。

参照メール誤送信による個人情報漏洩について/琉球大学




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。