患者50名の口腔画像等記録したSDカードを紛失|昭和大学歯科病院

画像:患者さま個人情報の紛失に関するお詫び/昭和大学歯科病院より

昭和大学歯科病院は2020年2月22日、同院に通院する患者50名の情報が記録されたSDカードが、所在不明になっていると明らかにしました。SDカードは患者らの口腔内写真および氏名やID番号等が記録したもので、日常業務に使用されていました。紛失経緯は明らかになっていません。

同院は捜索を進めているものの、記事発表時点で発見に至っていません。

二次被害は確認されず

昭和大学歯科病院は2020年2月21日、緊急に個人情報保護管理委員会を開催し、紛失の事実を関係省庁に報告しました。

また、現時点で二次被等は確認されていませんが、影響を受けた患者らには書面で説明をするとのこと。同院は今後、再発防止に向けて、個人情報の取り扱いに関する注意を再度徹底するとしています。

参照患者さま個人情報の紛失に関するお詫び/昭和大学歯科病院

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?