防止システム導入するも利用せず、誤送信でアドレス98件が流出│大阪府

画像:個人情報(電子メールアドレス)の流出について/大阪府より

大阪府は2020年2月14日、府立東大阪高等職業技術専門校で実施する就労者向けスキルアップ講座「テクノ講座」に関係するメールを送付する際、誤送信を起こし98件のメールアドレスが流出したと明らかにしました。

府によると問題の誤送信メールは2020年2月12日、2回に分けて発信されたもの。担当者が送付直後に確認したところ、本来「BCC」とすべきところを「宛先」で送付していた事実が判明したとのことです。

誤送信防止システム利用せず

大阪府はインシデント発生の原因について、担当者が誤送信防止システム(安心一斉送信システム)を利用しなかったため、としています。

安心一斉送信システムは外部メール送信時に誤送信を防ぐ目的から府が導入したものですが、同担当者は使用せず、普通のメールシステムで外部メールを送っていました。なお、大阪府は今後、被害を受けた利用者らに謝罪を進める方針です。

参照個人情報(電子メールアドレス)の流出について/大阪府

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?