サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

日本サイバー犯罪対策センターが「JC3 Forum 2020」開催を発表

  • LINEで送る

画像:JC3 Forum 2020/日本サイバー犯罪対策センターより

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)はこのほど、サイバーセキュリティセミナー「JC3 Forum 2020」の開催を発表しました。

「JC3 Forum 2020」は同法人が主催しているイベントです。例年複数の大手企業やセキュリティ関連企業や政府・警察機関の関係者による講演プログラムが開かれ、サイバーセキュリティに関する様々な議論を呼んでいます。

公式サイトによると、本年度は2020年3月6日、ベルサール神田(東京都千代田区)にて開催予定。参加は無料で、事前登録制による申し込みを受け付けています。

国内外のサイバー犯罪防止に向けて

本年度の「JC3 Forum 2020」は、サイバーセキュリティやデジタルフォレンジックの最近の状況の解説や、細心のサイバー情勢やサプライチェーンリスクへの対応などが予定されています。

具体的には、「Zホールディングス株式会社/ヤフー株式会社 執行役員」の中谷昇氏が基調講演を担当。また、先だって実施されたラグビーワールドカップに伴い発生したサイバー攻撃の事例紹介(元ラグビーワールドカップ2019組織委員会ICT統合企画局長 糸 将之氏)や東京オリンピックに対するセキュリティ対策の実施状況(東京五輪競技大会組織委員会CISO坂 明 氏)の講演も予定されています。

参照JC3 Forum 2020/日本サイバー犯罪対策センター

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。