コロナウイルス注意喚起メールで誤送信│神戸市

画像:メールアドレスの誤送信/神戸市より

神戸市は2020年2月6日、観光庁の届出システムに登録している事業体に向けて、電子メールで新型コロナウイルスに関する注意喚起を実施する際、誤送信を起こし情報流出が発生したと明らかにしました。

神戸市によると、問題のメールは市の生活衛生課の職員が2020年2月7日に、合計24事業体(26の宛先)に送信したもの。同市はセキュリティポリシーにて外部メールを送付する際、アドレスを隠すよう定めていましたが、職員は本来「BCC」とすべきところを「CC」で送付したため、送信先でアドレスが共有される事象が発生したとしています。

ダブルチェックなどを検討する

神戸市生活衛生課はインシデント発生後、「メール送信時のチェック体制を強化する等、個人情報の取り扱いは厳重に行うことを再度徹底する」と発表しています。

神戸市の情報セキュリティポリシーには、誤送信を防ぐための一般的な具体策(誤送信を防止するソフトウェアの導入・職員による複数名のチェックなど)に関する記述がありませんが、生活衛生課ではインシデント発生を思う受け止め、「防止するために必要な施策は検討していきたい(担当者談)」とのこと。

また、セキュリティポリシーの策定を担当する企画調整局・情報化戦略部も、「(メール誤送信を防ぐ目的とした)ダブルチェックやメール誤送信に関する記述はないが、今後検討する可能性はある」と回答しています。

参照メールアドレスの誤送信/神戸市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?