マルウェア原因でウェブサイトに不具合│サイオス株式会社

画像:弊社WEBサイトの一時閉鎖に関するお詫びとお知らせ/サイオス株式会社より

サイオス株式会社は2020年1月6日、同社およびサイオステクノロジーで利用している外部委託サーバーの一部にマルウェアが侵入していたと明らかにしました。

同社によると2019年12月23日頃より、両ウェブサイトに不具合が発生。社内調査したところ、問題のマルウェアが発見されたため、同社は両ウェブサイトを閉鎖する措置を決定しています。

なお同社によると、現在両ウェブサイトは復旧済。記事発表時点で同件に係る被害は確認されていないとのことです。

不正アクセスの可能性は低いか

サイオス株式会社は現在、マルウェアの存在について、不正アクセスの可能性は低いと見ています。ただし断定はしておらず、現在は外部の調査専門会社による詳細の調査をすすめているとのこと。調査結果の判明を待ち、利用者らに案内を出す方針です。

参照弊社WEBサイトの一時閉鎖に関するお詫びとお知らせ/サイオス株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?