Facebook流出情報2億6,700万件がハッカーフォーラムで公開状態に

画像:Report: 267 million Facebook users IDs and phone numbers exposed onlineより

フェイスブックに関連して、再び情報流出の懸念です。海外セキュリティウェブサイトの「Comparitech」は2019年12月19日(現地時間)、米国Facebookが保有していたとみられる約2億6,700万人分のユーザー情報が、自由に外部閲覧できるデータとして公開されていたと明らかにしました。

同社によると問題のユーザー情報は2019年12月4日にインデックス化され、2019年12月12日にはハッカーフォーラムへの投稿が確認されたとのこと。発見者は2019年12月14日にこれを見つけ通報措置を取りましたが、期間中に第三者が閲覧した可能性も生じています。

流出情報はほぼ米国データ

Comparitechによると、今回流出した情報は米国ユーザーのものが大多数で、氏名や電話番号・IDなどの流出が確認されています。

情報はいわばフリー公開状態になっていましたが、Comparitechはコードの欠陥などを根拠に、攻撃者側の設定ミスによるものが高いと指摘。つまり、攻撃者はデータベースへのアクセスの有料化する意図を有していたがミスを犯し、結果として自由に外部閲覧できる状態になっていたと分析しています。

参照フェイスブック利用者2.7億人の個人情報流出、ほとんどが米ユーザー/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?