サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

NTT西日本のグループ社員がEmotetに感染、複数の不審メールが確認される

  • LINEで送る

画像:NTT⻄日本グループ会社社員を装った不審なメール(なりすましメール) に関するお詫びと注意喚起について/NTT西日本より

⻄日本電信電話株式会社(NTT西日本)は2019年12月12日、マルウェア「Emotet」による顧客情報の流出の可能性及び、同社従業員を装ったなりすましメールが発生していると明らかにしました。

同社によると2019年12月10日、同社グループ企業の従業員が取引先を名乗る不審なメールを受信し、添付ファイルを開封したことにより「Emotet」に感染。その後、2019年12月11日、同社の顧客から「従業員を名乗る不審なメールが届いた」といった通知があったため、確認作業を進めたところ、感染が明らかになったと説明しています。

合計1,343件のメールアドレスが流出か

Emotetはそれ自体が悪影響を及ぼすマルウェアではありません。しかし、Emotetは感染すると様々なマルウェアを呼び込むなど、プラットフォームとしての性質を有しています。近年のサイバー犯罪ではEmotetの性質を利用して情報を盗み出し、不審メールによる詐欺行為に悪用します。

実際、今回のEmotetに感染した従業員のパソコン内部には、合計1,343件のメールアドレス(一部NTTグループ外の顧客)が含まれていました。現在NTT西日本の従業員を名乗る不審メールが届くなどの事象が発生していますが、同社はこれらの原因をEmotet感染による可能性が高いとの認識を示しています。

参照NTT⻄日本グループ会社社員を装った不審なメール(なりすましメール) に関するお詫びと注意喚起について/NTT西日本

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。