職員の端末がウイルス感染、迷惑メールを大量送信│京都市観光協会|サイバーセキュリティ.com

職員の端末がウイルス感染、迷惑メールを大量送信│京都市観光協会



画像:不審なメール(なりすましメール)に関するお詫びと注意喚起/京都市観光協会より

京都市観光協会は2019年11月25日、同協会の職員が有するPC端末がウイルスに感染したことにより、同協会の職員に偽装した迷惑メールが大量に送信される事象が発生したと明らかにしました。

不正アクセスに伴う情報流出の有無を明らかにしていませんが、迷惑メールは過去、同協会の職員へ送信したメールに対する返信という形式が取られています。迷惑メールはいくつかの点において特徴や相違点があり、正規のメールとの判別が可能とのこと。

協会側は被害拡大を防止する目的から迷惑メールの特徴を公表し、受信した可能性のあるユーザーらに向け注意喚起を促しています。

不審メールの特徴は?

京都市観光協会は迷惑メールについて、下記の特徴を挙げています。いずれもユーザーを騙す意図を持つ、攻撃者による改変行為と考えられます。

  1. 送信元アドレスに相違がある
    迷惑メールには協会職員の氏名が記載されているが、送信元のアドレスは同職員のアドレス(XXX@kyokanko.or.jp)と全く異なるものが使用されている。
  2. 返信メール形式だが繋がりがない
    迷惑メールは協会が以前受信したメールへの返信という形式を取っているが、本文内容は前後の繋がりがない。
  3. 不審な添付ファイルが付与されている
    迷惑メールには日付に偽装した数字の羅列を記載したWordファイルが添付されている。

参照不審なメール(なりすましメール)に関するお詫びと注意喚起/京都市観光協会




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。