元従業員がデータベースに不正アクセスし顧客情報削除、会社への不満が動機

千葉県警サイバー犯罪対策課は2019年11月25日、千葉県八千代市位置する元勤務先のサーバーに侵入しデータファイルを不正に消去するなどした疑いで、東京都調布市に住む62才の男性会社員を逮捕したと明らかにしました。

県警の捜査によると男性は2019年1月まで被害企業のシステム管理者として勤務。ところが2019年3月、自身が付与されていたサーバー管理用のIDとパスワードを入力し、同社のデータサーバーに侵入。データベースに記録されていた宅地建物取引業に関する契約書や見積書・設計図に加えて、顧客データを含む全ての重要データを消去した疑いが持たれています。

元勤務先への恨みが動機か

警察の捜査に対して、男性は「会社への不満があり、業務を妨害した」などと供述しており、犯行を大筋で認めています。元勤務先に対して強い恨みがあり、これが犯行動機に繋がったとのこと。

また、削除されたデータには大量の顧客情報も含まれていましたが、記事発表時点で流出は確認されていません。警察は今後の捜査で、全容を解明する方針です。

参照元勤務先の全データを消去 元システム管理者の男を逮捕/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?