ECサイトが不正アクセス被害、カード情報147件流出の可能性│株式会社コムス

画像:弊社が運営する「5pb. Records div2 official shop」への不正アクセスによる個⼈情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社コムスより

グッズ販売サイト「5pb. Records div2 official shop」は2019年11月11日、同サイトに顧客のクレジットカード情報を狙ったサイバー攻撃が確認され、およそ147件ほど流出した可能性があると明らかにしました。

サイト運営会社の株式会社コムスは2019年4月24日、決済代行会社のヤマトフィナンシャルより「サイトがフィッシング詐欺サイトへ誘導されている可能性がある」と指摘を受けており、発表は2019年6月29日に完了した調査結果を踏まえたもの。

コムス社はインシデント発生に伴い顧客らに謝罪を表明し、今後は必要なセキュリティ構築してから、サイトを再開すると説明しています。

システム内部の脆弱性が原因か

株式会社コムスによると、サイバー攻撃を受けることになった直接的な原因は、サイトシステムの⼀部に内在するセキュリティ的な脆弱性です。

通常、外部からサイトを改ざんするのは困難ですが、攻撃者は脆弱性を利用して侵入し、「5pb. Records div2 official shop」の決済フローに干渉。顧客が入力した情報が自分のもとに届くように改ざんしていたものと見られます。

なお、同社によると被害対象は、同サイトを利用してカード情報を入力したユーザー。これは購入完了したユーザーだけでなく、購入に至らなかったユーザーや誤った情報を入力したユーザーも含まれているとのこと。同様の手口は近年横行しており、顧客に気付かれないまま数年にわたってカード情報が流出し続けていた事例もあります。

参照弊社が運営する「5pb. Records div2 official shop」への不正アクセスによる個⼈情報流出に関するお詫びとお知らせ/株式会社コムス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?