浦添市主催イベントで過去参加者91名の情報を誤掲載、人為的ミス防げず

画像:「てだこウォーク交流イベント参加申し込み」における個人情報の漏えいについて/浦添市より

浦添市は2019年11月8日、同市が主催するイベント「てだこウォーク交流イベント 2020」の参加者募集ページに、誤って過去の参加者91名の個人情報が記録された一覧表を誤掲載したと明らかにしました。

浦添市によると、誤掲載の原因は担当者の人為的ミス。同市は毎年のイベント募集要項や参加者情報をエクセルファイルで管理していましたが、担当者が操作を誤り、本来アップロードが予定されていなかった2016年度のイベント参加者一覧を公開したとのことです。

閲覧者から指摘を受け発覚

浦添市によると誤掲載は2019年11月5日、午後9時ごろに発生しました。担当者は公開当時、誤掲載に気付いておらず、同日の午後4時ごろにホームページを閲覧した市民から「申込書に個人情報が記載されている」と指摘が入り発覚。市の担当課が確認したところ、情報流出が明らかになった形です。

浦添市はインシデント発覚後、ただちにホームページを修正。操作ミスに対して謝罪をするとともに、ホームページ更新の際に「ダブルチェックの確認不足があった」と発表しました。

参照「てだこウォーク交流イベント参加申し込み」における個人情報の漏えいについて/浦添市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?