元銀行員が顧客情報漏洩、内1名が詐欺被害に│株式会社百十四銀行

画像:不祥事件の発生について/百十四銀行より

株式会社百十四銀行は2019年10月31日、同社に勤務していた元銀行員が職務上知りえた顧客情報を詐欺事件の犯人に流出していた疑いがあると明らかにしました。

同行によると事件は2019年9月、同校に勤務していた男性行員が警察から事情聴取を受けたことにより発覚。同行が男性行員に事情を確認したところ、法人3件・個人14件の情報を知人に流出していた事実が判明したというものです。

なお、その後の内部調査により、流出先1件にて詐欺犯罪の被害が発生した事実も判明。同行は流出した情報が何らかの経緯で、詐欺犯罪者の手に渡った可能性もあるとしています。

難しい内部犯対策

百十四銀行は今回の事件について、謝罪と共に被害状況の確認を進めています。また、流出に関わった行員を懲戒処分にするなどの対応を取り、再発防止に努める考えを示しました。

しかしながら、内部による情報流出を防ぐのは容易ではありません。2019年10月には、東京消防庁の副士長が業務上取得した情報を個人的な要件に悪用する事案も起きています。

参照不祥事件の発生について/百十四銀行

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?