アメーバIDなど4万7,792件を誤表示か│株式会社サイバーエージェント

画像:「Ameba」の内部資料の誤公開について/株式会社サイバーエージェントより

株式会社サイバーエージェントは2019年10月11日、同社が提供するサービス「Ameba」にて、同社サービスのアメーバID4万7,792件を誤って第三者が閲覧できる環境に公表したと明らかにしました。

同社が明らかにしたところによると、流出した資料はサービス改善を目的にした検証作業に使用する目的で準備されたもの。ところが、作業中に誤操作が発生し、2019年10月9日の19時30分~22時15分の期間中に、閲覧可能な状態になっていました。

ID以外の流出はなし

サイバーエージェント社によると、流出した資料にはアメーバIDやブログID・記事タイトルなどが書かれていました。しかし、登録者の個人情報などは含まれておらず、パスワードや氏名などの情報は流出していないと考えられます。

同社は今後の再発防止策として、システムによる事前検知と抑止の実施する方針を明らかにしました。

参照「Ameba」の内部資料の誤公開について/株式会社サイバーエージェント

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?