ふるさと納税関連メールを1,970件の宛先へ誤送信、個人情報記録したファイル添付

画像:ふるさと納税の報告メールで添付誤りがありました/愛媛県松山市より

愛媛県松山市は2019年9月6日、ふるさと納税に関するメールを送付する際に、担当者が誤って納税者1名の個人情報を記録したファイルを添付し、1,970件の宛先に誤送信したと明らかにしました。

メール送付を担当した納税課によりますと、流出は担当者が把握。合計8,110の宛先に1,000件ずつ送付する途中、送信エラーのメッセージを確認したところ、ファイルに個人情報が記載されている点に気付いたとのことです。

ダブルチェックを厳格化

松山市納税課によると、課では個人情報を扱う外部メールに対してダブルチェックを加えるルールがありました。しかし、今回取り扱われたメールは本来、個人情報を含む要素を持たないため、ダブルチェックをしなかったとコメントしています。

同課では今回のインシデントを受け、今後は「個人情報を含まないメールもダブルチェックする」規定を導入。再発防止に繋げる考えを示しました。

参照ふるさと納税の報告メールで添付誤りがありました/愛媛県松山市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?