個人情報320件を記録したUSBメモリ紛失、持ち出し禁止規定に違反|富山大学

画像:個人情報を含むUSBメモリの紛失について/国立大学法人・富山大学より

富山大学は2019年8月30日、同大学の教員が生徒320名分の個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたと明らかにしました。大学は許可のない個人情報の持ち出し行為を禁止していましたが、同教員は規定に違反して無断持ち出し。2019年8月23日~2019年8月26日の期間中、捜索を続けましたが、発見には至っていないとしています。

なお、USBメモリにはセキュリティロックなどの施策が施されておらず、流出の可能性があります。

極めて重大な問題と発表

富山大学はインシデントについて【極めて重大な問題】と発表しました。大学は個人情報の取り扱いについて研修や会議で繰り返し周知を進めていたにもかかわらず、無断持ち出しによる紛失が発生したからです。同大学は被害者対応として、学生らに個別に謝罪を経緯説明を進めました。

USBメモリに記録されていた個人情報は、下記の通りです。

対象 教員が担当していた教養教育科目の受講学生
件数 320件
内訳 学籍番号、氏名、所属学部、当該授業科目の出欠記録

参照個人情報を含むUSBメモリの紛失について/国立大学法人・富山大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?