福島県内のサイバー犯罪検挙数が過去最多を記録│福島県警察本部

画像:福島県警察より

福島県警察本部は2019年8月、2019年1月~6月にかけて県内で摘発されたサイバー犯罪が過去最多の61件を記録したと明らかにしました。

容疑別に分類すると、SNSや電子メールを悪用した詐欺行為が26件ともっとも多く、児童売春や児童ぽるの方違反、不正アクセス禁止法違反と続いています。県警に寄せられる携帯電話会社や宅配業者を装った迷惑メール相談も増えているとのことです。

全国的に増加中

福島県警は県民らに向け、不審なメールなどに応じないよう注意を呼び掛けています。しかし、サイバー犯罪の増加傾向は、福島県だけではありません。

ビジネスメール詐欺やサポート詐欺のようなフィッシング攻撃は個人・法人を問わず頻発。手口も段々と巧妙化しており注意が必要です。

参照刑法犯、児童買春・児童ポルノ法違反… 摘発したサイバー犯罪は過去最多【福島県警察本部】

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?