サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

2018年のサイバー犯罪検挙数が過去最高の9,040件、警察庁が資料発表



画像:平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について/警察庁より

警察庁は2019年3月7日、サイバー犯罪の発生傾向などをまとめた「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」を発表しました。

これによると、2018年中に検挙したサイバー犯罪の件数は合計9,040件と過去最多を記録。メールを利用した標的型攻撃(6,740件/年)やポートスキャン行為(2,752.8件/日)など、企業にとって無視できない攻撃も依然と高い水準を維持しています。

各インシデントにおいて高い水準を維持

警察庁は総数の発表にあわせて、個別法令違反の犯罪検挙数も公表しています。

これによると、2018年は不正アクセス禁止法など複数の法令において2017年に次ぐ水準(過去5年)を維持。サイバー空間をめぐる犯罪が、以前高い水準を維持している様子を示しています。

詳細は下記の通りです。

法令名 検挙数
不正アクセス禁止法違反 564件
不正指令電磁的記録に関する罪及びコンピュータ・電磁的記録対象犯罪 349件
児童買春・児童ポルノ法違反 2,057件
詐欺 972件
著作権法違反 691件
その他 4,407件

サイバー犯罪の多くは「管理の甘さ」を狙ったもの

今回発表の資料はサイバー犯罪の増加を指摘する一方で、その多くが「パスワード設定・管理の甘さにつけ込む手口」である可能性を示しています。

資料では不正アクセス禁止法違反容疑のうち、識別符号窃用型(IDやパスワードを悪用したもの)において、502件のうち278件の事案が「パスワード設定・管理の甘さにつけ込む手口」に該当すると説明。

被害を受けた利用者の多くが、情報管理体制になんらかの甘さを抱えていると示唆しています。

参照平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について/警察庁





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。